楽しんだ者勝ち~就活を終えて伝えたいこと~

楽しんだ者勝ち~就活→エンジニア~

就活を終えて伝えたいことを綴ってます。

MENU

時事対策、情報のキャッチアップ方法~私はこうした~

【スポンサーリンク】

 

 

f:id:mottobungaku:20180607142953j:plain

 

 私が就活時に時事対策、情報のキャッチアップで用いた方法をご紹介します。基本的にお金を使った情報収集はしなかったので、ここでは無料のモノを中心にご紹介します。

 

 

 

NEWS APP編

 

NewsPicks

 

newspicks.com

 

 

 言わずと知れた、有名なニュースアプリです。自分で登録したキーワードを元に、ニュースをキャッチアップできるので、便利です。関心のある記事を手軽に読めるので、時短にもなり、非常に便利なアプリ・サイトです。

 

 

ウェブサイト編

 


ITmedia 

 

www.itmedia.co.jp

 

M&A Times

 

ma-times.jp

 

 

 

 上記サイトを『Feedly』を用いて、毎朝チェックしていました。特に、M&A Timesで上場企業の動きをチェックしていました。例えば、東芝関連会社です。元々、東芝関連の会社に行くつもりだったので、物凄くチェックしていました。(結局、東芝関連会社は、辞退しました。)

 ただ、情報をキャッチアップするのではなく、背景を理解する事を努めました。簡単に言うと推測・憶測に近いかもしれません。注意してほしいのは、『得た情報』を元に考えたことです。ですので、ただ『推測・憶測』をしていた訳ではないです。

 

書籍編

 

  • 『東大教授が教える 知的に考える練習』

 

 

東大教授が教える知的に考える練習

東大教授が教える知的に考える練習

 

 

 この本の著書は、この著書は、東大で教授職に就かれている、柳川範之先生です。『はじめに』を読むだけでも価値があると思います。
 自分の中で考える事の重要性、実践する方法を説いています。就活の時期に読むと意識が変わると思います。特に『情報のキャッチアップ方法』は一番実践的で、すぐにでも使えると思います。

 

 

 

  • 『世界で通用する一流のビジネスマナー』

 

 

世界で通用する 一流のビジネスマナー

世界で通用する 一流のビジネスマナー

 

 

 図が多く、分かりやすいです。電話や添え状、ビジネスメールの書き方が載っており、めちゃくちゃ役に立ちました。ビジネスマナー本は一冊はあってもいいと思います。もし、ネットだけで乗り切るつもりでしたら、間違ったマナーが紹介されているサイトがあったりするので気をつけてください。

 

 

 就活中、就活のために本を読んだのは、上記の2冊だけです。他は、普通に小説、新書を読んでいました。読書がほぼ日課だったので、ここでは挙げません。読書ブログをやっているので、適当にチェックしてくれると嬉しいです。

 

 

雑誌編

 

 

 

王道の雑誌ですね。この雑誌については、私の場合、無料で数ヶ月間読んでいました。ある就活イベントに参加し、その特典で無料購読していました。紙での購読はそこまでおすすめしません。持ち運びの時など、邪魔に感じます。もし、購読するのなら電子版をおすすめします。

 

 

時事対策・情報のキャッチアップをして感じたこと

 

 時事対策をしていて良かったのは、筆記試験時にもろ時事問題が出題されたときでした。昨日や一昨日の出来事を知っているか、知らないかの違いですが、自信になりました。ただ、情報のキャッチアップは際限のない行為です。血眼になって行う必要はないと思います。就活を通して、『押さえておくべき情報』と『それ以外の情報』を上手く取捨選択できることが重要なのかなと感じました。

  

 

ここで伝えたいこと

 

  • 情報のキャッチアップは欠かさず行うこと
  • だからといって、時間をかけ過ぎないこと
  • キャッチアップには限界がある、全てに目を通す必要はないこと

 

 

【スポンサーリンク】